ドクターの声/プチモンド八ヶ崎デンタルクリニック・内田敦先生 - Kudoカンパニー株式会社 | プチモンドメディカルのクリニック開業支援

« ドクター一覧へ戻る

プチモンド八ヶ崎デンタルクリニック 内田敦先生

プチモンド八ヶ崎デンタルクリニック 内田敦先生

超高齢化社会となり、医療費の増大が日本でも問題となっています。
医療費の削減と健康寿命の延伸の為に、これまでの治療を中心とした医療から、予防を中心とした医療へ世の中は変化する必要があります。
私は、研修医を経て山形で予防歯科を実践し地域の人々の口腔を守っている緑町斎藤歯科医院に勤務し、エビデンスとデータに基づいた予防歯科を勉強してきました。
そこで学んだことを元に、市川市真間に在住し松戸市八ヶ崎で家族、友人を含めた地域の方々の口腔の健康を守り、 全身の健康を守りたいと思った次第です。

【プチモンド八ヶ崎デンタルクリニック】
千葉県松戸市八ヶ崎7-32-11
プチモンド八ヶ崎2-A
http://hachigasaki118.com/

プチモンド八ヶ崎デンタルクリニック

プチモンド担当 : この度は開院おめでとうございます。開業間もないですが、現在の心境をお聞かせください。

内田先生 : 非常に忙しいですね。
治療以外のことでも考えなければならないことがこんなにも多いのかと、開業して改めて感じました。
経営、人事、診療のシステムなどを一から考えるのは非常に大変ですが、やりがいがあります。

プ : 今回開業をお考えになったきっかけは何だったのでしょうか?

内 : これからの歯科は予防歯科だと考えていたからです。 予防歯科を実践する山形の緑町斎藤歯科に勤務しているとき、その重要さを切に感じ、 いつかは地元である千葉県で予防歯科を実践する自分のクリニックを開業したいと考えました。

プチモンド八ヶ崎デンタルクリニック

プ : では、プチモンド八ヶ崎で開業をする決め手は何だったのでしょうか?

内 : プチモンド八ヶ崎という建物自体が地域での認知度が高い医療モールであり、すでに開業されている津田内科クリニックさん、わたき小児科さんが地域の方々から信頼を得ているクリニックであることに魅力を感じました。 歯の健康は全身の健康に直結します。二つのクリニックさんと連携をとり多くの方々の健康を守れるのではと考えました。 また、プチモンド八ヶ崎は駐車場が十分にある医療モールというのも大きなポイントでした。予防歯科の重要な対象患者様は子どもさんなんです。小児の頃から口腔内環境を整えることにより、カリエスフリー(虫歯ゼロ)を実現することができます。地域の方々から信頼を得ている小児科さんが同じ建物内にありますし、親子での来院は車の利用が大変多いですから、十分に駐車場が確保されていて非常に良い環境だと思いました。 そして、自分が住む市川市から近く、「地元で予防歯科クリニックを」という希望を叶えられる場所だと思いました。

プ : 地域の方々の健康を考えた医療を行うため、総合的に考え、選ばれた場所なんですね。 今回、設計・施工をKudoカンパニーへ依頼していただきましたが、その理由を教えてください。

内 : 設計、施工のみならず、開業に至るまで様々なサポートをしてくださる会社だと感じたのが 最も大きいです。 あと価格も大きな理由です。適切な価格を提示してくださいましたのでお任せしました。

プ : ありがとうございます。開業にあたっては、場所以外にもクリニックの内装について、外せないこだわりがあったかと思います。一部でも構いませんので、ご紹介ください。

内 : まず診療室が完全個室であることです。完全個室にすることにより、患者様のプライバシーをお守りできるのはもちろん、飛沫などによる感染を予防する大きな意味があります。 そして、診療室のスペースを広くることにより、親子で一緒に診療室に入ることができます。ベビーカーのまま入ることも可能です。また、車イスを利用されている患者様も車イスのまま入ることができます。 様々な患者様に安心して診療を受けていただく利便性も考慮しました。 診療室以外では、消毒コーナーをあえて見せることにこだわりました。消毒コーナーを隠したがる歯科医院さんは多いと思います。しかし、当院が洗浄、滅菌などを徹底的に行い、清潔を保っていることを患者様自身の目で実際に見ていただくため、あえて消毒コーナーを見せるようにしました。

プチモンド八ヶ崎デンタルクリニック

プ : 確かに、消毒コーナーが見えることは珍しいですが、安心感もより一層生まれますね。 では、開業に至るまでの間、大変だった、苦労したという点はありましたか?

内 : どの医院さんも同じだと思うのですが、医療機器や家具の選定・搬入など、開業まで取り組むことが多く大変でした。 そして、開業まであと数週間というときに父が逝去し、長男が誕生するという二つの大きな出来事がありました。 開業直前に色々なことが起こり、濃密すぎる時間を送ったように感じます。

プ : 開業間近の時期に本当に様々な出来事が起こり、先生は大変な思いをされたことと思います。それらの出来事を経て、こうしてめでたく開業を迎えられ、私たちの感慨もひとしおです。 さて、先生が今後目指していく医療の姿についてお聞かせください。

内 : まず私の持論は「歯科医師は修理屋ではない」ということです。 当院では、原因を追究せずに削ったり抜いたりする治療はいたしません。一度削ってしまうと、その歯は繰り返し治療することになります。そうならないために原因をなくすこと、すなわち予防が重要なんです。メンテナンスを施し続けることにより、歯を一生残していくことが可能になります。 歯の健康は全身の健康に直結します。歯の健康を守ることで全身の健康を保ち、膨れ上がる医療費の削減につながると考えています。予防歯科を実践し、広めていくことが日本のみなさんだけでなく人類のためになると思っています。これからは病気になってから治すのではなく、健康に投資してください。

プ : 先生の熱い思いは、きっと患者様や地域の方々に伝わっていくでしょうね! 最後に、新規開業を検討しているドクターにメッセージをお願いします。

内 : はっきり言うと、どこかに勤務しているほうが楽です。開業は、リスクはあるかもしれませんが、諦めずに出来る方法を探し、理想を追い求め、チャレンジし続けることは大変価値があることだと思います。やり続けることによって患者様との信頼関係も築けると考えています。ぜひチャレンジしてください。

プ : 開業早々お忙しい中、ありがとうございました!

内田先生の地域医療に対する姿勢を感じていただければ幸いです。
内田先生が院長をつとめる「プチモンド八ヶ崎デンタルクリニック」のホームページもぜひご覧ください。
http://hachigasaki118.com/
(取材日:2016年6月10日)

« ドクター一覧へ戻る