ドクターの声/森の歯科医院・森 進太郎先生 - Kudoカンパニー株式会社 | プチモンドメディカルのクリニック開業支援

« ドクター一覧へ戻る

森の歯科医院・森 進太郎先生

森の歯科医院・森 進太郎先生

歯科医師として、地域に根ざした1人の町医者として、自分が持てるすべての知識・技術・経験を総動員し、目の前の患者さんとしっかり向き合い、話を聞いて、患者さんと共に悩み、一緒に考え、医療に対する熱い想いを込めて、レベルの高い歯科医療を提供していきたい。それが患者さんの笑顔につながると信じています。
そして笑顔の先に、医療の本来の目的である「健康で幸せな人生」が待っていると信じて、精一杯努力していきたいと思います。

【森の歯科医院】
千葉県柏市豊四季204-22
グランジャルダン1F
http://www.morinoshika.jp/

森の歯科医院

プチモンド担当 : 開業して1年ですが、現在の心境をお聞かせください。

森先生 : あっという間の1年間でした。とにかく今は「おかげさま」と言う心境です。色々な人たちに支えられながら1年間やってきた、と言う感じです。本当にありがたいことです。

プ : 今回、開業までに至ったきっかけは何でしたか?

森 : 今までは歯科大学に勤務しており、専任講師として教鞭をとっていました。また大学病院で医長も務めてきました。常勤職員として大学に籍があったので、そのまま残って研究者・教育者として進む道もありましたが、医療人として目の前で困っている患者さんを笑顔にする仕事がしたいという思いが強くなり、大学を辞めて地域に根差した開業医になろうと決めました。

森の歯科医院

プ : ご検討の間、不安も少なからずあったと思いますが、何が一番心配でしたか?

森 : 一番心配したのは物件との巡り会いです。大学を辞めて開業しようと決心し、Kudoカンパニーさんと開業準備の打ち合わせを始めてから、今の場所に決まるまで丸5年を費やしました。その間、色々と候補は上がったのですが、なかなかイメージどおりの物件に出会えなかった時期が、一番不安でした。開業したい場所のイメージが具体的に決まっていたので、今回ご縁があって希望どおりの物件に出会えたのは本当に幸運でした。

プ : 院内には可愛い人形が並んでいますが、院内内装のこだわりを教えてください。

森 : シルバニアファミリーの人形をたくさんディスプレイする、というのが一番のこだわりです。待合室の壁にドールハウスを埋め込んで、そこにかわいい家族をたくさん並べて、患者さんに見てもらえる設計にしました。妻が子供のころからずっとシルバニアファミリーを集めていたので、美術館のように綺麗に展示したい、という希望がありました。また受付カウンターもガラス張りにして、たくさん展示ができるように特注したのもこだわりの1つです。他にも細部にわたって色々とこだわってきましたが、Kudoカンパニーさんが私のわがままを全て形にしてくれました (笑) 。

プ : 確かに、人形用のショーケースをこんなにたくさん希望されたのは初めてでした(笑)まさに圧巻ですね! 整体と協力した新しい試みに取り組んでいますが、何かきっかけがあったのでしょうか?

森 : 顎関節症や咬み合わせの治療を行っていると、頭痛や肩こり、耳鳴りといった症状に悩まれている患者さんと多く出逢います。私は歯医者ですので咬み合わせを中心に考えて周辺症状をとらえます。ですが、頭痛や肩こりと言った症状を、もっと別の専門を持った立場からアプローチしてくれる先生と一緒に、咬み合わせや顎関節症の治療を行いたいと言う思いがありました。そこでカイロプラクティックの先生に定期的に来てもらう事にしました。とても優秀な先生なので、私も大変勉強になっています。

森の歯科医院

プ : 開業までの期間は連日連夜さぞ大変だったかと思いますが、その中で思い出深い出来事があれば教えてください。

森 : 開業準備は、もちろん色々と大変でした。責任もありますし、やる事や決める事が多いので。でも一番思い出すのは、図面の打ち合わせをしている時ですね。頭の中にあるイメージを図面上で形にしていく作業が、一番楽しかったです。アイデアが色々と浮かんできて、それをKudoさんがどんどん図面にしていってくれる。あの打ち合わせが一番楽しかったなぁ。

プ : その中でこうして無事に開業されましたが、完成したクリニックを初めてご覧になった時の感想を教えてください。

森 : 打ち合わせを重ねてきた内装が形になっていたことに、とても感動しました。
私がイメージしていた以上の出来上がりでした。出入りの材料屋さんや業者さんも、院内を見回してびっくりしていましたよ。時間をかけて丁寧に1つ1つちゃんと決めていけば、良いものができるんだなと思いました。

プ : ありがとうございます。さて今後ですが、先生が目指す理想の医療・クリニックについてお聞かせください。

森 : 私は地域に根差した街の歯医者さんとして、患者さんが笑顔で健康で幸せな人生を長生きする為のお手伝いをしていきたいと思います。自分の中には、「歯科医療とは何か、医療人とはどうあるべきか」と言うような理想のイメージがあります。開業することがゴールではないので、自分の理想を形にするために、これからも頑張っていきたいと思います。

プ : 先生であれば、間違いなく実現出来ると思います。では最後に、開業を志しているドクターにメッセージをお願いします。

森 : 現在歯科の開業は厳しいと言われています。歯医者が開業すれば誰もが成功すると言う時代ではないのかもしれません。だからこそ、自分の進むべき方向が具体的にイメージ出来ているかどうかが重要なのだと思います。自分のやりたいことが具体的に想い描けていて、それを実現したいという強い気持ちがあれば、きっと自分の周りには志を同じくする仲間が集まります。あとはビジョンを共有した仲間たちと一緒に、笑顔で前に進んでいけば、夢は形になるんじゃないかな。まぁ、私はまだまだこれからなので、何も偉そうなことは言えないんですけどね(笑)。

プ : お忙しい中、お時間を頂きありがとうございました!

森先生の熱い想いが伝わったでしょうか。。
森先生が院長をつとめる「森の歯科医院」のホームページもぜひご覧ください。
http://www.morinoshika.jp/
(取材日:2016年6月8日)

« ドクター一覧へ戻る